ファミマSQC「クオリティ」の上げ方!3つのポイントとメリット・デメリット

ホワイトボードを持ってる男女

 

 
凛さん
みなさんこんにちは!✨
法人経営店舗の新米店長をしている
「凛」です!
店舗経営は初めてで、悩んだり
ドタバタしながら毎日働いています💦
常連のお客さん「ボール」さんに
色々相談して聞きながら、
「休めて利益も残せる」
経営を学んでいきます!

 

 
ボール
僕の紹介ふわっとしすぎてない?💦
何か怪しくて騙してるみたいだよ・・・
改めて自己紹介させてください。
「ボール」です。
凛さんのお店の常連客で
ファミマ歴14年の元店長です。
店舗のランキングを決める
SQCコンクールで県TOP10に何度も
選んでもらいました。

  

 

この記事で分かること

・SQCのQ「クオリティ」の上げ方
→SQCチェックシートの「Q」の項目を改善する

・クオリティを上げる3つのポイント
→「習慣化・人数・スタッフさんの力を借りる」

・クオリティを上げるメリット・デメリット

 

 

 
凛さん
ううん・・・SVさんがSQCチェックで
クオリティを上げてください!って
言ってたけど、クオリティを上げるって
実際どうすれば良いんだろう?💦

 

 
ボール
やぁ凛さん。なんか表情が晴れないね?
どうかしたの??

 

 
凛さん
あ、ボールさん、いらっしゃいませ!
店舗のクオリティを上げるには
どうしたら良いのかなって💦

 

 
ボール
クオリティかぁ・・・
確かに漠然としているから
イメージも掴みにくいよね💦

 

 
凛さん
そうなんですよ!
なにか基準や目安があれば
良いんですけど・・・

 

 
ボール
なるほどね。
実は基準や目安はあるんだ。
今日は「店舗のクオリティの上げ方」
について解説していこう。

 

 

SQC「クオリティ」の上げ方 → チェックシートのQを改善する

 

金の星15個、銀の星15個

 

ファミマ店舗では毎週SVが「SQCチェックシート」で
「サービス・クオリティ・クリンネス」の状態をチェックし採点していきます。

その中で「クオリティ」を、SVに指摘される店舗は
何を改善して良いか分からない、もしくは気にしていない
店舗が多いです。

クオリティは店舗運営をしていく上で、非常に重要です。
実は何を改善すれば良いのか、その答えは出ています。
「SQCチェックシートのQの項目を改善していく」
これが答えになります。

 

  • クオリティを改善するには、SQCチェックシートの「Q」の項目を改善する

 

クオリティを指摘されるということは、チェックシートの
Q(クオリティ)部分の点数が低いということです。

この点数が低いと、店舗をお客さん視点でみた時に
「買う気がおきない・魅力的に感じない」
そう感じる部分が多いということになります。

みなさんも実際に、買い物しに行った店舗で
そんな風に感じたことはないでしょうか?

SQCチェックシートのQ部分の項目では
「陳列状態・陳列量・賞味期限チェック」など
たくさんの項目があります。

項目を1つずつ改善していけば、クオリティは
100%改善します。

 


 
凛さん
なるほど、SQCチェックシートが基準に
なるんですね!
クオリティを上げるためには
何が大事なんでしょう?

 

 
ボール
うん。結局はチェック項目に沿って
採点しているからね。
大事なのは
「毎日意識して習慣化すること」と、
「シフト人数」
「スタッフさんの力を借りること」
特にシフト人数は大事だね。

 

3つのポイント → 「習慣化・人数・スタッフさんの力を借りる」

 

指さしポーズの男性

 

クオリティを上げるためには3つのポイントを
押さえておく必要があります。

「習慣化・シフト人数・スタッフさんの力を借りる」
ことです。
順を追って解説します。

 

習慣化

クオリティを上げるには「習慣化」することで、
維持もしやすくなります。

SQCチェックに合わせて、その時だけ注力しても
あまり意味はありません。
クオリティを上げる目的は、点数を上げることでは無く
お客さんに良い印象を持ってもらうためです。

 

ポイント!・クオリティを上げる目的は、お客さんに良い印象 を持ってもらうため

 

習慣化することで、来店するお客さんに対しても
「このお店はいつ来ても、しっかりしている」と
安心感や信頼感を持ってもらえます。

例えば以下の5点です。

  • 陳列量を増やして、「余りもの感」を無くす
  • 商品のフェイスアップをして綺麗に見せる
  • 前出し・顔出しをして、整然とした陳列をする
  • 賞味期限のチェックを強化する
  • 商品のサイズに合わせて陳列棚を作る

いきなり全部を習慣化するのは難しいので
少しずつ習慣化していきましょう。

 

 
凛さん
クオリティを上げる目的は
お客さんに良い印象を持ってもらう
ことなのね!

 

シフト人数を増やす

クオリティを上げようと思っても、シフト人数を
ギリギリで組んでいては、時間も仕事量も
オーバーしてしまいます。

解決するには「シフト人数を増やす」ことです。
実はクオリティを上げるうえで、1番大事になってくるのは
「シフト人数」です。

 

ポイント!・クオリティを上げるために1番大事なのは
「シフト人数」

 

レジ対応しながらのフェイスアップや納品、
賞味期限チェックなどは、売り場とレジカウンター内の
往復が多くなってしまうので、効率も悪くなります。

シフト人数が増えれば、時間も作れますし
仕事量も分散されて、1人1人の負担も減ります。

一時的にクオリティが上がっても、維持できなければ
意味がありません。
維持していくには負担を軽くしないと、そのうち嫌になって
やめてしまいます。

人件費はかかってしまいますが、そもそも人件費は
最も削ってはいけない経費です。
クオリティを上げるのならば、人件費は多少かかっても
シフト人数を増やした方が、効率的で維持するのも楽になります。

人件費を削るメリット・デメリットはこちら ↓

人件費削減のメリット・デメリット!削減した結果:自分が苦しみます。

 


 
凛さん
シフトの人数が1番大事なのね。
確かに毎日って考えると、大変だから
負担は減らしたいかも・・・

 

スタッフさんの力を借りる

ここまで「習慣化・シフト人数」の話をしてきました。
どちらも1人でやっていくには限界があります。

クオリティの向上・維持をしていくのであれば
「スタッフさんの力を借りる」ことを意識してください。

 

ポイント!・1人でやらず、スタッフさんの力を借りる

 

自分1人で習慣化した場合、自分が居ない時間帯では
以前のままで、クオリティは上がっていきません。

シフト人数を回せる人数+自分で組んだ場合も、
やはり自分が居ないと、改善前と同じです。

もちろん自分が最初に、クオリティが上がるよう
努力する必要があります。
まず自分がどうやって、クオリティを向上・維持していくのか、実際に改善してみなくては
スタッフさんにも教えることができません。

 

ポイント!・自分なりに改善してスタッフさんに教えていく

 

改善方法とやり方を自分なりに確立したら、スタッフさんも
同じようにできるよう、教えていってください。
スタッフさんにも意識してもらって
自分が居なくても、クオリティを維持できるようにしていきましょう。

クオリティの向上・維持は1人では無理です。
「スタッフさんの力を借りる」ことで、継続的に
向上・維持ができるようになります。

 

 

 
凛さん
なるほど!毎日意識してやることで
習慣化できるんですね。
シフト人数は大事ですね・・・。

 

でもSQCの中で1番意識しないといけないのは
サービスの「S」ですよね?

 

 
ボール
うん。習慣化でクオリティを意識して
シフト人数で維持・向上していく
イメージだね。

うーん、表面上はそうなんだけど・・・
実際に店舗運営をしていくなら
クオリティの「Q」だね。

 

サービスよりクオリティが大事

 

コンビニの仕事風景

 

ファミマのSQCというのは
「サービス・クオリティ・クリンネス」の順番で
意識して欲しいという意味もあります。

しかし実際に店舗経営で1番大事なのは
「クオリティ」です。
このクオリティは、「店舗としての質の高さ」が
求められています。

店舗の質の高さを維持するには、スタッフさんの力量や
人数も非常に重要です。

 

ポイント!・店舗経営で1番大事なのは「クオリティ」

 

サービスはお客さんに向けての接客や、ミスが無いことを
重要視して評価しています。
仮にサービスに力を入れて、お客さんが増えても
維持するにはクオリティが必要になります。

限界がクリンネスは店舗の清掃状態や、陳列棚にほこりが無いかなど、清潔感を評価する項目です。
これも1人では限界があるので、結局のところ
クオリティが重要になります。

 

 
凛さん
確かに何をするにも
クオリティが求められるなぁ。

 

ここで考えて欲しいのですが、
どちらも「スタッフさん」が重要になってきますよね?
つまり「サービス・クオリティ・クリンネス」の
どれを重要視しようと、「スタッフさん」が居ないと
始まりません。

クオリティは「店舗としての質の高さ」です。
スタッフさんの力量や人数も大事になってきます。
なので、SQCで1番大事なのは「クオリティ」になります。

 




 
凛さん
サービスも大事ですけど、それ以上に
「クオリティ」が大事なんですね!

 

 
ボール
そうだね。サービスもクリンネスも
結局クオリティを求められるし
お客さんにも影響するしね。

 

 
凛さん
あの、実際クオリティが上がると
どんなメリットがあるんでしょう?

 

 
ボール
実際には「店舗内の見栄え」が
綺麗になったり、
「売上が増えて廃棄が減る」
「SQCコンクールの順位が上がる」
のがメリットかな。

デメリットは時間がかかるのと、
「1人で維持するのは厳しい」
「継続的に取り組まないと意味が無い」ことだね。

 

 

クオリティを上げる際の「メリット・デメリット」

 

メリット・デメリットの天秤

 

クオリティを上げることで、基本的にはメリットの方が
多いですが、デメリットもあります。

メリット
・店舗内の見栄えが良くなる
・売上が増えて廃棄が減る
・SQCコンクールの順位が上がる

デメリット
・1人で維持するのは厳しい
・継続的に取り組まないと意味が無い

順番に解説していきます。

 

メリット①店舗内の見栄えが良くなる

クオリティを上げると「店舗内の見栄え」が良くなります。
フェイスアップや、前出し・顔出しも項目にあるので
改善すると、結果的に見栄えが良くなります。

見栄えが悪いより良い方が、安心感や信頼感に繋がります。
例えば見栄えの悪い野菜と、見栄えが良い野菜だったら
どちらが安心感がありますか?

自分の口に入れるものなので、多くの人は
見栄えが良い方を選びますよね。

「見た目で印象は変わってしまう」ものなので
「店舗内の見栄え」は大事な部分になります。

 

 
凛さん
主に食品を扱っているし
安心感や信頼感は大事ね!

 

メリット②売上が増えて廃棄が減る

メリットの2つ目は
「売上が増えて廃棄が減る」ことです。
フェイスアップや、前出し・顔出しをすることで
商品の陳列が綺麗に見えます。

ボコボコの売り場より、整然と陳列されている売り場の方が
購買意欲が高まるので、商品も売れます。
商品が売れれば、結果的に廃棄も減ります。

 

 
凛さん
綺麗な陳列の方が
手に取りやすいものね!

 

メリット③SQCコンクールの順位が上がる

SQCチェックシートの結果は、「SQCコンクール」の
結果に直結します。

SQCコンクールは年に4回、発表されていて
「店舗としての総合的な評価」を順位付けしたものです。

SVは毎週、SQCチェックシートを採点していきます。
採点の累積点数で順位が決まる「SQCコンクール」
クオリティの項目を改善すれば、改善前と比べて
当然点数は上がっていきます。

結果的にSQCコンクールの順位も上がります。

  

 
凛さん
SQCコンクールは
「店舗としての総合的な評価」だから
順位を上げておいて損は無いわね!


デメリット①1人で維持するのは厳しい

クオリティを向上・維持していくには
1人では厳しいです。

レジや発注・商品補充など、日常的な仕事をしながら
クオリティを上げるとなると、どうしてもスタッフさんの
サポートが必要になります。

時間もかかるので効率的にやらないと、全く進まない
なんてことも良くあります。

1人で向上・維持をしようとすると、必ずどこかで
無理がきて嫌になったり、やらなくなったりします。

無理せず、スタッフさんの力を借りてください。

 

 
凛さん
1人で維持するとなると、精神的にも
参ってきちゃいそう💦

 

デメリット②継続的に取り組まないと意味が無い

クオリティを上げる目的は
「お客さんに良い印象を持ってもらうため」です。
そのためには、一時的なものでは意味がありません。
継続的に取り組む必要があります。

毎日やらないといけないので、仕事量も増えます。
スタッフさんに協力してもらって、仕事の分担をしないと
間違いなくパンクします。

しっかり分担をして、自分が無理しすぎない程度に
取り組んでいってください。
 

 

 
凛さん
メリットもあれば、デメリットも
あるんですね。

 

 
ボール
うん。なんでもそうだけど
良い面と、悪い面があるよ。

 

 

ファミマ推奨SQC「クオリティ」の上げ方!3つのポイント まとめ

 

 
凛さん
今日もありがとうございました!
クオリティの上げ方と、保ち方が
分かりました!

 

 
ボール
それなら良かったよ。
SQCチェックの時だけでなく、
普段からクオリティを維持するのが
大事だからね。
今までの内容をまとめてみよう。

 

 

ファミマ推奨SQC「クオリティ」の上げ方!3つのポイント まとめ

・SQCのQ「クオリティ」の上げ方
→SQCチェックシートの「Q」の項目を改善する

・クオリティを上げる3つのポイント
→「習慣化・人数・スタッフさんの力を借りる」

・クオリティを上げるメリット
→店舗内の見栄えが良くなる、売上が増えて廃棄が減る
 SQCコンクールの順位が上がる

・クオリティを上げるデメリット
→1人で維持するのは厳しい、継続的に取り組まないと意味が無い

 

 

 
凛さん
普段から意識して「習慣化」を
目指していきますね!
継続的に取り組めるように、
スタッフさんにも協力してもらいます!

 

 
ボール
うん。最初は難しいけど、習慣化すれば
当たり前になるから、少しずつ改善していこう。
スタッフさんに協力してもらって、
無理はしすぎないようにね。
ホワイトボードを持ってる男女
最新情報をチェックしよう!