POPの「商品選定」の仕方や書き方・コツを解説!テンプレート化が重要です。

イーゼルに文字。両脇に女性

 

 
凛さん
法人経営店舗の新米店長
店舗経営は初めてで、悩みながら
毎日働いている。
 
ボール
ファミマ歴14年の元店長
店舗のランキングを決める
SQCコンクールで県TOP10の常連だった。
凛さんのお店の常連。

 

<POPの商品選定や作り方>

・商品選定の仕方 → 新商品・カテゴリー上位商品
・POPの書き方 → 商品名・値段・特徴・画像
・手書きPOPとPC作成POPの使い分けは?
 →商品の演出方法による
・毎週作るのは大変
 →毎週作る必要は無い
 テンプレート化で手間を減らす
・センスに自信が無い
→スタッフさんに得意な人がいないか探す

 

 
凛さん
うーんPOPを作って売り込みしたいけど
どの商品にしたら良いかなぁ💦

 

 
ボール
こんにちは凛さん。
POPを作る商品の選定かな?

 

 
凛さん
あ、ボールさん。
そうなんですよ!
売上UPに繋がるかなと思って!
でもどの商品にすれば良いか
迷っちゃって💦
作り方も見よう見まねで
いいのかなって。

 

 
ボール
そうだね。
目立つようになるし衝動買いの
プラスワンになるね!
それじゃ商品選定のコツと
POPの作り方について解説するね!

 

 

 

商品選定の仕方

 

品出しをしている店員さん

 

商品選定は基本的に「新商品・カテゴリー上位」
のものを選定します。
新商品は基本的に利益率が高いからです。
お客様も新商品が一番早く出るのがコンビニだと
知っています。

POPを作って売り込む事で、販売数も伸びますし
お客様にも「このお店は新商品があるお店」
として認知されます。

毎週の新商品を楽しみに、来店されるお客様も
居るので、アピールする事で
お店のファン化にも繋がります。

新商品は利益率が高く、メーカーでCMを打っている
ものも多いので、
既存の商品と比べ、販売数が伸びる可能性が高いです。

 

 

 
凛さん
なるほど!
新商品なら利益率も高いし
お店のアピールにもなるのね!

 

 

次に「カテゴリーの上位商品」です。
上位商品5点ほど選定し
ランキング形式にして売り込む事が出来ます。
例えば「惣菜パン・菓子パン・おにぎり・お弁当」等です。

この商品達は賞味期限があり
定時で廃棄処理する商品です。
ランキング形式でアピールする事で
廃棄のリスクが軽減されますし
発注の際も積む商品が可視化されるので
発注しやすくなります。

お客様の目線で見れば、ただ商品が並んでいる売り場よりも
POPがある方がアクセントになって、見た目が
楽しくなります。

ただずっと同じ商品だと、飽きが来てしまうので定期的に
商品選定はした方が良いです。

「新商品で高利益・カテゴリー上位で廃棄削減」
のようなイメージで展開すると目的がはっきりして
商品選定もしやすくなります。

 

 

 
凛さん
ランキング形式なら廃棄のリスク
が減るのね。
お客様にも楽しんでもらえるかも!?

 

 
ボール
商品選定が早く出来れば
売り方も考える時間が多く取れるよ。


 
凛さん
わかりました!商品選定してみます!
実際にPOPを書いた事無いんですけど
見よう見まねで大丈夫でしょうか?

 

 
ボール
そうだね。
見よう見まねでも問題は無いよ。
でも一応基本的な形はあるよ。
次は「POPの書き方」を解説するね。

 

 

 

POPの書き方

 

8人の人間と言葉

 

POPの書き方は「商品名・値段・特徴・画像」
が分かるように書いていきます。

これは多くの店舗のPOPに書かれている内容です。
イメージとしては、このようなものになります。

 

 

商品名が書いてあるPOP
商品画像:ファミマHPより出典

 

 

上記画像は Canvaで作りました。
商品名・値段・画像を目立たせたいので
背景は無地にしています。 
もちろんPCで無く、手書きでもOKです。

PCだと印象的にカッチリした印象になる事が多いです。
手書きの場合は、良い意味で手書き感が出るので
可愛い感じやアットホーム感を出したいときに効果的です。

  • PC作成POPは、カッチリした印象になりやすい
  • 手書きPOPは、可愛い・アットホームな印象になりやすい

基本的にPOPは来週分のものを
今週中に作っておいた方が良いです。
そうすれば週初めから展開出来ますし
新商品が納品された時に
すぐにアピールする事が出来ます。

ただPOPを作る前にSVに確認しておいてください。
SVもPOPを作っている場合があるからです。
商品が被ってしまうと労力が無駄になってしまいます。

タイミング的には、今週のSV訪店時に確認するのが
最も手間が省けます。
SV訪店時に来週分の情報も持ってくるので
利益率が高いものを中心に、POP作成を考えていきましょう。



 
凛さん
商品名・値段・特徴・画像ですね!
意識して作ってみますね!

 

 
ボール
あくまで基本的な情報だけど
それだけでもアピールするには
十分だね。

 

 
凛さん
PCで作るとカッチリした印象、
手書きだとアットホームな感じかぁ。
どんな時に使い分ければ
良いんでしょう?

 

 
ボール
それは売る商品の
「演出方法」によるね。
次はPOPの使い分けについて
解説しよう。

 

 

 

手書きPOPとPC作成POPの使い分けは?

 

4種類の商品POP

 

手書きPOPはアットホーム・可愛い印象になりやすく
PC作成POPはカッチリした印象になりやすいです。

例えば「ワイン」はアットホーム・可愛いより
カッチリした印象があるのでPC作成のほうが
しっくりきます。

「おにぎり」であればカッチリした印象より
アットホームな印象があるので手書きPOPの方が
向いています。

商品自体のイメージもですが
演出方法でも使い分けが変わってきます。

通路販売の方法はこちら ↓
【プラスワン売上】通路販売の目立たせ方と演出方法・商品の選び方を解説!

 

 
凛さん
確かに商品ごとにイメージが
違いますね。
演出方法で変わるというのは
どうゆう事ですか??

 

 
ボール
例えばウォークインで1段全て
新商品展開する場合。
これはPC作成POPの方が向いているね。

 

ウォークインで1段全て、新商品を展開すると統一感が出て
カッチリした印象になります。
その時はPC作成POPの方が向いています。

多フェイス展開で目に付きやすくして
物量作戦で手に取ってもらう事が目的なので
可愛い・アットホームな印象の手書きPOPよりも
カッチリした印象のPC作成POPの方が目的に合っているからです。

商品展開の1つとして、レジカウンターの横に商品を
展開する事もあります。
良く見るのは、チロルチョコやガムなどです。
その時は手書きPOPの方が向いています。

レジ横展開で、ついで買い・衝動買いを目的にしているので
カッチリした印象より可愛い印象の方が、パッと手に取りやすいからです。

  

 
凛さん
商品の売る方法によっても
使い分けが必要なんですね!
なんかちょっと難しいですね💦
毎週は大変そうです。(´;ω;`)

 

 
ボール
無理して毎週作る必要は無いよ。
良い商品が無い時もあるしね。

 

 

毎週作るのは大変

 

激務な男性

 

POPを作るのは売上を伸ばすのにも、お店のアピールにも
有効な方法ですが、毎週作るのは正直大変な時もあります。

結論から言うと、毎週作る必要はありません。

主に新商品や上位カテゴリーで、POPを作っていきますが
新商品でも売れなさそう・利益率があまり良くない商品は
無理してPOPを作っても、イマイチ効果がありません。
POPを作る目的は、売上を伸ばす事や廃棄コントロール
お店のアピール
です。

売れなさそうな商品を無理して売るよりも、
売れる商品を伸ばした方が効率が良いです。

利益率があまり良くない商品を売るよりも、
利益率が高い商品を売った方が効率が良いです。

毎週無理して作らず、タイミングと商品を選定して作っていきましょう。

 

 
凛さん
確かに売れなさそうな商品
ありますね・・・。
そうゆう時はPOP作らなくても良さそうですね。

 

  

 
ボール
うん、毎週は大変だしね。
もしそれでも作る時はあらかじめ
テンプレートを作っておくと
構成を考える手間が省けるよ。

 

 

 

テンプレート化で手間を減らす

毎回新たに考えてPOPを作っていては大変です。
そんな時は「テンプレート化」して手間を省きましょう。
手書きでもPC作成でも、型を決めておけば
毎回考えなくて済みます。

手書きであれば、「商品名を書く位置・値段の位置・特徴の位置」など、書いていく型をあらかじめ決めておくと
次回以降楽になります。

PC作成でも一緒です。
ただPC作成の場合は、背景の画像や色も関係してくるので
カテゴリーごとに、背景を決めておくと楽になります。
例えば惣菜パンは緑ベース・菓子パンは紅ベースなどです。

テンプレート化して省ける手間は、
とことん省いていきましょう。

 

 

 
凛さん
テンプレート化すれば
次回以降が楽になるのね!

 

 
ボール
省ける手間は、省いていきたいね。
浮いた時間で他の仕事もできるしね。

 

 
凛さん
はい!
手間は出来るだけ省きたいですね!

・・・あのここまで教えてもらって
何なんですけど
私、絵とか画像の背景とか
良く分からなくて💦
センスが無いんですよ・・・

 

 
ボール
それは自分もそうだよ。
自分で書かなくても、スタッフさんに
得意な人が居ると思うよ。

 

 

センスに自信が無い

 

たくさんの手書きPOP

 

POPを作るとなると、センスが無いとダメなんじゃ?
そう感じる人も居ると思います。
しかし必ずしも自分で書く必要はありません。

店長やマネージャー・社員の人は、仕事が多岐に渡るので
POPを作る余裕が無い場合も多いです。

そんな時はスタッフさんで得意な人が居ないか
探してみましょう。

探せば1人や2人は居るはずです。
ただ丸投げはやめた方が良いです。

「手書きPOPとPC作成POPの使い分けは?」

でも説明しましたが
POPを作るのにも商品や販売展開に合わせて
作る必要があります。
全くの丸投げだと本当に感覚だけで作ってしまうので
ある程度の方向性を示す必要があります。

そんな時にもテンプレートがあると便利です。
テンプレートがあれば、誰でも同じような構成で
POPを作る事が出来ます。

 

 
凛さん
自分で全てやらなくても良いんですね!
テンプレートだけ作っておけば方向性も
ブレずに済みますね!

 

 
ボール
1人で全てやるのは難しいからね。
スタッフさんに手伝ってもらおう!

 

 
凛さん
今日もありがとうございました!
POPを作ってプラスワンの訴求をしていきます!

 

 
ボール
そうだね。
プラスワン効果は単体だと小さいけど
月間で見れば大きいからね。
ここで今までの話を
振り替えってみようか。

 

 

<POPの商品選定や作り方>

・商品選定の仕方 → 新商品・カテゴリー上位商品
・POPの書き方 → 商品名・値段・特徴・画像
・手書きPOPとPC作成POPの使い分けは?
 →商品の演出方法による
・毎週作るのは大変
 →毎週作る必要は無い
 テンプレート化で手間を減らす
・センスに自信が無い
→スタッフさんに得意な人がいないか探す

 

 

 
凛さん
よーし、頑張って売上伸ばしていくぞ~!

 

 
ボール
うん!でもあまり無理しすぎないようにね。
POPは絶対に必要な物ではないから
重要な仕事から片づけていってね。

 

イーゼルに文字。両脇に女性
最新情報をチェックしよう!