人件費削減のメリット・デメリット!削減した結果:自分が苦しみます。

黒板で表示

 

 
凛さん
みなさんこんにちは!✨
法人経営店舗の新米店長をしている
「凛」です!
店舗経営は初めてで、悩んだり
ドタバタしながら毎日働いています💦
常連のお客さん「ボール」さんに
色々相談して聞きながら、
「休めて利益も残せる」
経営を学んでいきます!

 

 
ボール
僕の紹介ふわっとしすぎてない?💦
何か怪しくて騙してるみたいだよ・・・
改めて自己紹介させてください。
「ボール」です。
凛さんのお店の常連客で
ファミマ歴14年の元店長です。
店舗のランキングを決める
SQCコンクールで県TOP10に何度も
選んでもらいました。

 

 

この記事で分かること

・人件費削減のメリット・デメリット
・人件費が少ないとどうなるか
・利益アップの細かい方法

 

 

 
凛さん
今日もシフトインが長いなぁ・・・
人件費ケチったのが良くなかったかな💦

 

 
ボール
やぁ凛さん。いつもお疲れ様!
今日もシフトに入っているんだ?

 

 
凛さん
あ、ボールさん、いらっしゃいませ!
そうなんですよ!人件費を削ろうと
思ったんで、自分でシフト入ってます。

 

 
ボール
いやぁ気持ちは分かるけど、
やめた方が良いと思うよ💦
人件費を削ると自分が苦しむし。

 

 
凛さん
ですよね・・・
メリットがあると思ったんですけど💦

 

 
ボール
確かにメリットもあるけど、
デメリットの方が圧倒的に多いね。
それじゃ今回は、人件費削減のメリット
デメリットを解説していくね。

 

 

人件費削減のメリット・デメリット

 

黒板にメリットとデメリットの文字

 

多くの経営者が人件費を削ろうとしますが、
基本的にはメリットよりも、デメリットの方が
圧倒的に多いです。

人件費を削ると起こるメリット・デメリットを
紹介していきます。

結論からいうと、人件費を削って多少利益があがっても
デメリットの方が多いので、やめた方が良いです。

  

人件費削減のメリット

人件費削減のメリットは、ご存じの通り
「人件費が浮く」ことです。
費用が減少するので、利益は増えます。

人件費は毎日かかってくるものになるので、
継続していけば一定の効果は見込めます。
メリットとしては、この1点に尽きます。

 

 
凛さん
人件費削減のメリットは
「人件費が浮く」の1点だけ??

 

人件費削減のデメリット

人件費削減のデメリットは、メリットに比べ
たくさんあります。

  • 自分がシフトインするしかない
  • 仕事が後回しになったり、出来なかったりする
  • スタッフさんが不満を持ちやすい
  • お店のクオリティが下がる

まず人件費を削るということは、スタッフさんが
シフトインする時間を削る、ということなので
自分がシフトインするしか無くなります。

その影響で自分の仕事が、後回しになったり
最悪その日にできなかったりします。

スタッフさんのシフトインの時間を削れば、
お給料が減ります。
特に自分に非が無い状態での、シフトイン減少は
スタッフさんの不満に繋がります。

結果として、お店のクオリティも下がっていきます。
前出しや顔出しの頻度が減ったり、商品補充も
雑になっていったりします。

人件費削減は、一時的にメリットはあるものの
デメリットの方が圧倒的に多いです。
自分やスタッフさん、お店を良い方向に
もっていくためにも、「人件費削減」はおススメしません。

 

 
凛さん
メリットよりも、デメリットの方が
圧倒的に多いですね💦
でも人件費を削らないと
利益は増えませんよね?

 

 
ボール
そんなことは無いよ。
トータルで利益があれば良いんだから、
人件費がかかっても、売上を伸ばせば
相殺できるからね。

 

 

トータルでの利益を意識する

 

右肩上がりの棒グラフ

 

人件費を削ろうと考えた背景には、何があるでしょう。
それは「利益を増やしたい」だと思います。
結論からいうと、「トータルでの利益を意識」すれば
利益は増えていきます。

利益は「収益が費用を上回ったとき」に発生します。
収益は売上、費用は人件費や用度品代・原価などです。
費用に注目してみると、「人件費」以外にもあります。

つまり用度品代や原価を下げても、金額が同じなら
人件費削減と効果は同じです。

もちろん売上が伸ばせるのであれば、それが1番良いです。

わざわざデメリットが多い「人件費」を削らなくても
他のところで、十分削ることはできます。

売上を伸ばせる余地は無いか?
他の費用で削減できるものは無いか?
トータルで見て、人件費以外で改善できるところは
無いのか、1度じっくり考えてみましょう。

 


 
凛さん
なるほど、トータルで見るのが
大事なのね。
他に改善できないか、考えてみます。

 

 
ボール
そうだね、1度じっくり考えてみてね。
考えるのもシフトインしながらだと、
なかなか厳しいから、そういう意味でも
人件費は削らないほうが良いね。

 

 
凛さん
トータルで利益があれば良い
ってことは、売上を伸ばさなくても
他の経費削減で良いんですよね?

 

 
ボール
うん、他の経費削減でも良いんだけど
削減するにも限度があるよ。
売上なら上限は無いけどね。

 

 

削減には限度がある→売上は実質上限は無い

 

色んなコスト

 

他の経費削減でも、一定の効果はあります。
ですが経費削減には限度があります。
電気代は約10,000円、用度品削減は約5,000円ほどで
頭打ちになる可能性が高いです。
経費削減は必要な部分は削減できないので
どうしても制限があります。

これが売上であれば、実質上限はありません。
売上は「客数×客単価」です。
客数を増やすか、客単価を上げれば売上は増えます。

順番としては

客数を伸ばす・客単価アップを考える
実際に実行する
10,000円~20,000円の経費削減を目標にする
実際に削減してみる

この順番で実行していくと、無駄がなくなります。
先に経費削減をしてしまうと、客数が伸びた場合
用度品代が増えてくるので、結局もう1度経費削減を
することになります。

まず上限の無い売上を伸ばすのを試みて、その後に
経費削減をしたほうが効率は良いです。

 

 

 
凛さん
まずは売上アップを試してみて
その後に経費削減をすれば良いのね!

 

 
ボール
売上を伸ばせれば、人件費削減を
しなくても、利益が残せるかも
しれないし、まずは売上アップを
意識した方が良いね。

 

 
凛さん
確かにそうですね。
利益を伸ばす方法ってどんなものが
ありますか??

 

 
ボール
う~ん、細かいところでいうと
「利益率の高い商品を販売する」、
「廃棄率を調整する」
「SVに補填が出ないか交渉する」かな。

 

 

利益アップの細かい方法

 

段々増えるコイン

 

利益をアップさせるには、収益が費用を上回れば良いので
売上を伸ばすか、経費を削減すればOKです。
ここでは細かい方法を紹介していきます。

 

利益率の高い商品を販売する

1つ目は「利益率の高い商品を販売する」ことです。
利益率とは1つの商品で、利益が原価を上回った
パーセンテージのことです。

利益率が高い商品を多く販売すれば、平均の原価が
下がるので、結果的に利益が上がります。
例えば売価110円の商品で、原価80円の場合は
利益は30円です。
この場合の利益率は27.3%になります。

●利益率 = 利益 ÷ 売価 × 100

目安として、利益率25%~30%を目指していきたいです。
販売数が10,000個とかのレベルで多ければ、
利益率15%でも良いのでしょうが、そうはいきません。

利益率25%は、経費や水道光熱費など差し引かれる金額を
考えた時に、なんとか生活できるラインです。

 

売上利益率20%水道光熱費・経費利益
12,000,0003,000,0002,600,000400,000
1ヶ月の売上商品販売の利益水道光熱費・用度品費1ヶ月の利益
減価償却代・人件費
利益本部フィー最終利益
400,000120,000280,000
1ヶ月の利益本部に納める金額手元に残る利益

 

上記の表では、利益率を25%で設定して
計算しています。
これが利益率20%になると、マイナスになります。

なるべく原価の安い・利益が高い商品を選んで、
利益率の高い商品を販売していきましょう。

 

 
凛さん
利益率を意識すれば、利益も
増えていくのね。

 

廃棄率を調整する

2つ目は「廃棄率を調整する」です。
廃棄率とは販売に対して、どれだけ廃棄に
なったかの割合のことです。
納品数に対してでは無く、販売数に対してです。

●廃棄率 = 廃棄数 ÷ 販売数 × 100

廃棄率を意識すれば、廃棄の減少や
販売数アップが見込めます。

「どの商品が・どのくらい廃棄になったのか」を
数字で判断できるので、売れ筋商品や下位商品の
適正な納品数も分かります。

 

 
凛さん
廃棄率は納品数・販売数・廃棄数を
適正にできるのね!

 

SVに補填が出ないか交渉する

3つ目は「SVに補填が出ないか交渉する」です。
キャンペーンやセールが入った時に、納品数を
多くする代わりに、本部から「補填」が出る
場合があります。
補填は廃棄になった金額から、一定の金額を
差し引いてくれる制度のことです。

●廃棄補填 = 廃棄金額から一定額を差し引く金額

例えば「納品金額を20,000円増やせば、
廃棄を5,000円分補填する」
みたいなイメージです。
そうなれば実質の納品金額は15,000円になります。

商品を多く納品すれば、売れる可能性も上がるので
悪い提案では無いです。
ただ、納品金額と廃棄補填金額のバランスには
注意してください。

中には納品金額に対して、補填金額が少なすぎる
パターンもあります。

キャンペーンやセールが入った時は、
「SVに補填が出ないか交渉」して、できるだけ
廃棄金額を抑えていきましょう。

 


 
凛さん
補填が出るかどうかで、納品数も
だいぶ変わってきそう。
利益を増やすって難しいですね・・・
もっと単純だったら良いのに💦
 

  

 
ボール
意外と構造は単純だよ。
結局「費用を減らすか、収益を増やす」
しかないからね。
どっちかに方向性を決めれば方法も
決まってくるし、迷わないで済むよ。


 

 

複雑で分かりにくい→方向性を決めれば迷わない

 

考え込む人

 

ここまで読んでくださった人の中には
複雑で分かりづらい!なんて人も居ると思います。
でも実は構造は簡単です。

「費用を減らすか、収益を増やす」
簡単に言えば、これだけです。
しかしこの判断で、店舗の方向性が決まってきて
迷わなくなる
ので、とても重要なことです。

費用を減らすに注力した場合、電気代節約や
用度品の節約にベクトルを向けます。
収益を増やすに注力した場合、客単価アップや
客数増加にベクトルを向けます。

どちらにベクトルを向けるかによって、
店舗の方向性が決まってきます。
方向性が決まれば、方法やどうするかが見えてきます。

 

 
凛さん
方向性が決まれば、どうすれば良いか
具体的な方法も分かってくるのね。

 

私の経験上この方向性が、どっちつかずの
店舗が多いです。
方向性が決まらないから、費用を削っても
売上を伸ばそうとしても、結果が出ません。

方向性が決まっても、その方向に振り切って
いかないとなかなか結果は出ません。
例えば経費削減のために、エアコンは24℃から
絶対に下げないとか、売上を伸ばすためにポストインで
チラシを週1回入れるとかです。

正直かなり厳しいですが、徹底すれば結果は出ます。
方向性を決めれば、費用を減らすか・収益を増やすかで
迷わなくなる
ので、是非1度試してみてください。

 



 
凛さん
なるほど、店舗の方向性を決めれば
どうすれば良いか迷わなくなるんだ。

 

 
ボール
方向性を決めるのは大事だね。
それが店舗の「色」になることも
あるからね。

 

人件費削減のメリット・デメリット! まとめ

  

レジに立つ黒髪女性

 

 
凛さん
今日もありがとうございました!
やっぱり人件費は大事ですね。
デメリットがあんなに多いなんて
思ってませんでした。

 

 
ボール
その方が良いと思うよ。
自分が苦しむことになるし
スタッフさんからも、不満が出る
かもだしね。
ここで今までの内容をまとめてみよう。

 

 

人件費削減のメリット・デメリット! まとめ

・人件費削減のメリット・デメリット
 メリット→人件費が浮く
 デメリット→自分がシフトインするしかない
→仕事が後回しになったり、出来なかったりする
 スタッフさんが不満を持ちやすい
 お店のクオリティが下がる

・トータルでの利益を意識する
→利益は「収益が費用を上回ったとき」に発生する

・削減には限度がある→売上は実質上限は無い
→経費削減は必要な部分は削減できない
 売上であれば、実質上限は無い

・利益アップの細かい方法
→利益率の高い商品を販売する・廃棄率を調整する
 SVに補填が出ないか交渉する

・複雑で分かりにくい→方向性を決めれば迷わない
→簡単に言えば「費用を減らすか、収益を増やす」
 方向性を決めれば迷わなくなる

 

 

 
凛さん
やっぱり人件費削減はホントのホントに
最後の手段ですね。
他の方法を試してみます。

 

 
ボール
そうだね、それが良いと思うよ。
自分とスタッフさんを守る意味でも
人件費は最後の手段だね。
他に選択肢があるなら、それを先に
試してみてね。

 

 
凛さん
はい!そうしてみます。
収益を増やすか・・・
ところでボールさん、この商品
おススメなんですけど
いかがですか??
20個ありますけど、おいしいですよ?

 

 
ボール
全部廃棄になりそうな商品じゃん・・・
「廃棄率」を意識してくれたのは
嬉しいけど、僕で経費削減するのは
やめて欲しいな・・・
黒板で表示
最新情報をチェックしよう!