ファミマ経営の悩み「経費」ってどう削減すれば良いの?用度品で削ろう!

黒板の文字を、人間が差し棒で指してる

  

 
凛さん
法人経営店舗の新米店長
店舗経営は初めてで、悩みながら
毎日働いている。
 
ボール
ファミマ歴14年の元店長
店舗のランキングを決める
SQCコンクールで県TOP10の常連だった。
凛さんのお店の常連。

<ファミマ経営で最も簡単な経費削減は「用度品」を削る事>

・最も簡単な経費削減 → 用度品を削る
・用度品を削るコツ → 必要最小数を把握する
・必要最小数の出し方 → 絶対必要数+少数派
・削ってはいけない用度品
→お店側でコントロール出来ないもの
・用度品を削って効果はあるの?
→P/Lで可視化する事で効果を実感できる

 
凛さん
よく「経費を削る」って聞くけど
実際どうやってやれば良いのかしら??
 
 
ボール
こんにちわ凛さん。
悩んでるみたいだね。
そんな時は最も簡単な「用度品」で
削ってみたらどう?

  

 

  

ファミマ経営で最も簡単な経費削減は「用度品」を削る事

年代別の人間

 

用度品とはお箸やスプーン、ケチャップやソースなど
付属で付ける物や油交換の粉洗剤、Jスプレーなどの
清掃用具品など様々な物があります。

種類や品目が多いので、削減するにはもってこいの
カテゴリーになります。

お箸を週に3回発注するのと、週に2回発注するのでは
当然、原価金額が変わってきます。
原価が1,000円だとしたら、1ヶ月で4,000円の削減になります。

 

用度品は毎日発注するものと、間隔を空けて
発注するものがあるので発注日に注意しながら
削減する必要があります。

 

 

 

 
凛さん
用度品ですかぁ!
でも実際どのくらい削れば良いのか
分からないんですよね💦

 

 
ボール
それはきっと「必要最小数」
が分かっていないからだね。

 

用度品を削るコツ

 

箸、スプーン、フォークのイラスト

 

用度品を削るコツは「必要最小数」を把握する事です。

これは文字通り必要な最小数の事です。
簡単に言えば、必要数の目安を把握しようという事です。

例えばアメリカンドッグのケチャップであれば
これくらい必要という目安を持つのは、
非常に重要な事です。

 

それとは逆に、油交換時の粉洗剤や清掃用具のスプレー等
は若干多めに持っておくのをおススメします。
なぜなら、誰がどのくらい使うか分からないからです。
使用量が不明な物は少し多めに持っていないと
使いたいときに無い!なんて事になります。

 

必要な数の把握は、売上にも経費削減にも必要になります。
必要最小数の目安は是非意識してみてください。

  

 

 
凛さん
なんか難しそうですね💦
どうやって必要最小数を確認すれば
良いんですか??

 

 
ボール
そうだね。
それじゃ詳しく説明しようか。

 

 

 

必要最小数

 

ニキシー管の中に数字

 

ほとんどの方は目分量で、このくらいあれば大丈夫!
と発注していると思います。

慣れてくればそれでも間に合う知れませんが
目論見が外れて切らしてしまった!

そんな方は絶対にいるはずです。
少なくとも自分は経験しました。

これは絶対に必要な分だけで計算しているからです。

私が言う「必要最小数」とは、絶対に必要な分に
プラスαを組み込んだ数です。

必要最小数を把握して、少な過ぎず・多過ぎずで
発注していきましょう。

 

今回は例として、ジャンボフランクや
アメリカンドックに使う
ケチャップ&マスタードで説明していきます。

 

 

必要最小数の出し方

 

必要最小数の出し方は、まずジャンボフランクと
アメリカンドックの在庫数を確認します。

仮にジャンボフランクを50本・アメリカンドックを
100本としましょう。

この場合、50本+100本=150本ですよね?
この時点でケチャップ&マスタードは150個必要です。

 

これで最小数は分かった! → ほんとですか??
たまにいません?ファミチキとかにも付けて食べる人・・・
これは必要数なんて予想しようがありません。
ただそうゆう人は少数派ですが一定数います。

この少数派も計算に入れておきます。
正確には分からないので
1週間の客数の1%で目安を決めます。

客数が1週間で約7,000人であれば
70人と仮定して発注します。

実際にはファミチキに、ケチャップ&マスタードを
付ける人は70人も居ないでしょう。

ですがとんかつ弁当やサンドイッチなど
付けて欲しいというお客様はいます。

 

少数派の分は1ヶ月に1回、発注に組み込めばOKです。

1回組み込んで発注すれば、その後は商品在庫で
必要な分だけ発注します。

ジャンボフランクが50本・アメリカンドックが100本
在庫があるなら
150個のケチャップマスタードがあればOKです。

これは実際に私が店長時代に行っていた方法です。
この方法で無くなってしまった事はありませんでした。
失敗を繰り返して、試行錯誤した結果ですが・・・

必要最小数の計算をまとめると下記のようになります。

 

必要な商品数(150) + 1週間の客数の1%(70) = 必要最小数(220)

 

用度品はレジでスキャンする事は無いので
SATには今まで発注した累積数が表示されています。
これだと今の在庫が分かりません。
なので月に1回は「用度品」も、実際の数で
修正しておきましょう。

タイミングは自由ですが、私は月初に実数の
修正をしていました。
その時に必要最小数も計算して発注していました。

理由は1日~30日(又は31日)で、経営状況が
ストコンに反映されるからです。

月初に修正する事で、用度品削減の効果が
分かりやすくなります。

  

 

 

 
凛さん
分かりました!試してみますね!
そういえば頻繁に無くなってしまう物もあるんですよ。
コーヒーマシーンのシロップとか・・・

 

 
ボール
あるあるだね。
実は用度品には削ってはいけない物もあるんだ。
次はそのことについて説明していくね。

 

 

 

削ってはいけない用度品

 

6枚の袋

 

用度品の中には削ってはいけない物もあります。
結論から言うと「店側でコントロール出来ないもの」です。
コーヒーマシーンのシロップやミルクが良い例です。

シロップやミルクは、レジカウンター内にあるものではなく
お客様が直に使える場所にあります。
これがまさに「店側でコントロール出来ないもの」です。

本来であればお客様自身が、必要な分を使用していきます。
ですが実際には、必要以上に持っていかれるお客様も
結構な割合で居ます。

お客様が直に使えるものは、店側でコントロール出来ない
ので削減してはいけません。

私自身の経験としては
削減してしまった結果、要らぬクレーム
貰ったりしました。

店側でコントロール出来ないものは
シロップ・ミルクだけではありません。
おでんのからしも該当しますね。

〇店側でコントロールできないものは、削減しない

店側のやり方によっては、店側のスタッフが
渡すパターンもあります。
ですがそれは一部で、大多数はお客様が直に使用できる
位置にあります。

冒頭で紹介した、油交換の粉洗剤やJスプレーも
これに該当します。
スタッフが使用しますが、誰がどのくらい使用するかが
分からないからです。

油交換の粉洗剤であれば、1回で半分など
ルールは作れるでしょう。
ただ状況によってはそれ以上に使用する事もあります。

こういったものは削ってしまうと、自分が後々面倒な事に
なるので削らない方が賢明です。

〇誰がどのくらい使用するか、分からないものは削減しない

 

 

 
凛さん
削ってはいけない物もあるんですね・・・
注意して発注します!
でも経費削減って、効果があったのか
実感が無いんですよね。
ホントに利益になるのかな??
 

 

 
ボール
確かに実感は湧かないよね。
でもSVが持ってくる「P/L」を
見れば可視化できるよ。

 

 

 

用度品を削って効果はあるの?

 

8人の人間が?マーク

 

経費削減とは言いますが、すぐに効果が実感出来るものではありません。
保管している場所が整理された! そんな実感はあるかも知れませんが
お店の成績として利益が増えたのかは、
すぐには分かりませんよね。

実際に効果が実感できるのは、SV(スーパーバイザー)
の持ってくる損益計算書(P/L)を見た時になります。
P/Lは「費用」と「収益」を表にしたものです。

 

 

 

画像の通り、費用と収益は必ず一致します。

費用が多ければ「当期純損失」
収益が多ければ「当期純利益」になります。

つまり費用が減れば、収益(利益)は確実に増えます。

 普段お店で勤務している時は、費用と収益について
考える時間と余裕はありません。

SVの持ってきたP/Lを見るタイミングで
経費削減の効果を可視化できます。
ここで初めて実感が湧いてきます。

可視化して効果を実感する事で、モチベーションも
高まっていくでしょう。
経費削減を実行することは、決して無駄ではありません。

詳しい記事はこちら ↓

【店舗運営の指針】BS・PLとは何?意味と違いは?→方向性を決めるもの

 

 

 

 
凛さん
わかりました!
P/Lも意識して見てみますね!

 

 
ボール
そうだね!
P/Lを理解する事は
利益を増やすのに重要な事だね。
 

 

 

 

用度品で経費削減まとめ

8人の男女がお辞儀している

 

 
凛さん
用度品の削り方を教えて頂いて
ありがとうございました!
全部覚えられると良いんですけど💦

 

 
ボール
参考になったなら良かったよ。
僕で良ければ何でも聞いてね。
ここでもう一度振り返ってみようか。

 

 

<ファミマ経営で最も簡単な経費削減は「用度品」を削る事>

・最も簡単な経費削減 → 用度品を削る
・用度品を削るコツ → 必要最小数を把握する
・必要最小数の出し方 → 絶対必要数+少数派
・削ってはいけない用度品
→お店側でコントロール出来ないもの
・用度品を削って効果はあるの?
→P/Lで可視化する事で効果を実感できる

 

 

 

 
凛さん
よーし!
用度品を削って経費削減出来るように
頑張ります!

 

 
ボール
うん!
経費が削減出来て利益が増えれば
休みも取れるようになるし
健全な経営状態に近づくよ!
1つずつ学んでいこうね!
黒板の文字を、人間が差し棒で指してる
最新情報をチェックしよう!