【予算は適正?】社員が休みを取れない理由!結論:人件費が少ないです。

男女がホワイトボード持ってる

 
凛さん
みなさんこんにちは!✨
法人経営店舗の新米店長をしている
「凛」です!
店舗経営は初めてで、悩んだり
ドタバタしながら毎日働いています💦
常連のお客さん「ボール」さんに
色々相談して聞きながら、
「休めて利益も残せる」
経営を学んでいきます!
 
ボール
僕の紹介ふわっとしすぎてない?💦
何か怪しくて騙してるみたいだよ・・・
改めて自己紹介させてください。
「ボール」です。
凛さんのお店の常連客で
ファミマ歴14年の元店長です。
店舗のランキングを決める
SQCコンクールで県TOP10に何度も
選んでもらいました。

 

 

この記事で分かること

・社員が休みを取れない理由
→人件費が足りていません

・人件費の決め方
→絶対必要人数と時給を計算、そこにプラス1人計算

・人件費は高くても良い
→費用は収益で相殺する

・人件費を抑えるより売上を伸ばす
→売上を伸ばすには「衝動買い」を狙う

 

 

 
凛さん
ふぅ・・・
今週もお休み取れないなぁ・・・

 

 
ボール
やぁ凛さん。
今日もお疲れだね💦

 

 
凛さん
あ、ボールさん、いらっしゃいませ!
休みが無くて
ちょっと疲れちゃいました。
予算もギリギリなので、
無駄に使えなくて・・・

 

 
ボール
そうかぁ。そのジレンマ分かるよ💦
休みたいけど人件費が気になって
休むに休めないみたいな・・・
結論を言えば、
休むには店舗人数を増やす
しかないんだよね。

予算は誰が決めているの?
凛さんが作って提出?それとも
会社から降りてくるのかな??

 

 
凛さん
そうなんですよ!
人件費も決まっているので
オーバーしたらどうやって
取り戻そうとか考えちゃうんですよ。
基本的には会社から降りてきます。

自分では予算の作り方が
良く分からないので・・・

 

 
ボール
なるほどね。
それじゃ何故休みが取れないのか?
と予算の作り方を解説していくね。

 

 

社員が休みを取れない理由:人件費が足りていません

 

コストカット

 

休みを取るのに重要なこと。
それは「店舗人数を増やすこと」です。
店舗人数を増やすということは、「人件費がかかる」

ということです。

自分がシフトに入らないようにするには、
どうしたら良いのか?
それは「スタッフさんにシフトインしてもらう」
これしかありません。

スタッフさんにシフトインしてもらうには、
「人件費」がかかります。
人件費は経費の中で、「最も削ってはいけないもの」です。

しっかり休みを取るためには、予算組みの段階で人件費を
多めに設定しておく必要があります。 

 

POINT!・休むには店舗人数を増やす
・自分がシフトを外れるには、

 スタッフさんの力を借りるしかない
・人件費は予算組みの段階で多めに設定

 

 
凛さん
人件費は大いに越したことない
ですけど・・・
自分で決められればいいのになぁ・・・
会社から降りてくる場合は
どうしたら良いですか?

 

 
ボール
会社から一方的に降りてくる予算は
休みやアクシデントには弱いんだ。
というか想定していないことが多い。
だから、戦うこと前提で異議を申し立てないといけないね。

 

 

会社からの人件費が足りなければ戦う

結論からいうと、無理な人件費で予算が降りてきた場合は
会社と戦わないと自分が苦しみます。

自分で計画した人件費を検討した上で、
訂正案を出されるのはまだ良い方です。
会社によっては一方的に予算・人件費が降りてきて、
「予算コレだけ!?」と驚くことも多々あります。

そんな時は素直に従っていてはいけません。
たとえ今年はその人件費でクリアできたとしても、
次の年はさらにキツイ状況になるのは、目に見えています。

実際に現場で仕事をしているのは自分です。
責任者も自分です。
なので無理があれば、しっかりと抗議をして
改善されるように行動しなければいけません。

そうしないとずっと人件費に無理がある状態で
店舗運営していくことになります。

抗議の手段としては次のようなものがあります。

  • なぜ人件費が足りないのか、理由を文章で抗議
  • デメリット&トラブルを説明
  • スタッフさんの退職の可能性
  • 新規採用&トレーニングの費用
  • 自分で人件費予算を作る

会社が人件費を作って降りてくる場合、
当然ですが会社としての利益を優先しています。
それは良いのですが、会社で予算・人件費を作っている人は
現場の状況や問題を良く理解していません。

作っている人が現場たたき上げの人ならば、
そもそも問題のある人件費は降りてきません。
実際に私が勤務していた頃はそうでした。

それまで頑張れば何とか達成できそうな人件費だったのが、
作る人が変わったとたん「コレ無理があるだろ!?」
とビックリするものが降りてきました。

人件費を作る側が現場状況を知らないと、
無理な金額で降りてくる可能性が非常に高いです。

なので人件費が足りないと自分で判断したら
会社と戦わないと、自分が苦しむことになります。

人件費のメリット・デメリットはこちら ↓
人件費削減のメリット・デメリット!削減した結果:自分が苦しみます。

 

 

 
凛さん
やっぱり自分で人件費を決めて
店舗運営していきたいですよね。
人件費ってどうやって決めて
いくんですか??

  

 
ボール
実際に店舗運営している人が
人件費を作ったほうが
適正になるからね。
決め方のポイントは
「絶対に必要な人数にプラス1人分」
を組み込むことだね。

 

 

人件費の決め方は「絶対必要人数プラス1人」

 

男女が楽しい

 

人件費の決め方のポイントは
「絶対必要人数」に、プラス1人分を
事前に組み込んで作っておくことです。

絶対必要人数は、その時間帯に絶対に必要な
人数のことです。
例えば13時~17時のシフトを、アクシデントやクレーム等の
トラブルを考慮しない状態で、2人でこなせているなら
その2人が「絶対必要人数」ということになります。

  • 絶対必要人数は、アクシデント無しでシフトを
    こなせる人数のこと

しかし逆に言えば、アクシデントやクレーム等の
トラブルがあった場合は、3人必要ということになります。
ここで考えてみてください。
人件費を決める際に「2人と3人」どちらが適正でしょうか?
答えは3人です。

理由は2人だと、アクシデントやクレームに
対応できないと分かっているからです。

店舗運営をしていけば、アクシデントやクレームは
必ず起こります。

それはどんなに気を付けていてもです。

事前にトラブルを予想できているのに、
「人件費が掛かるから」と節約しようとして、
目をつむっていては店舗運営者として
仕事をほったらかしているのと一緒です。

2人でなく3人で最初から組んでいれば、
トラブルにも対応できますよね?
「節約とトラブル対応」どちらが優先度として高いか、
実際に店舗運営されている方なら、すぐに分かるでしょう。
なので人件費を決める際には、3人で計算して作ります。

 

POINT!・節約とトラブル対応、優先度が高いのは
 「トラブル対応」
・人件費はトラブル対応を織り込んで計算する

 

 

 
凛さん
なるほど、考えなくても
「トラブル対応」の方が
優先度として高いのは分かります。
それは分かったんですが・・・
実際にはどうやって計算をしていくんですか?

  

 
ボール
うん、トラブルが無いのが一番だけど
それは現実的には不可能だからね。
人件費の計算は「人数・時給」を
もとに計算していくんだ。

 

 

人件費の計算は「人数×時給×勤務時間」

人件費の計算方法は、「人数×時給×勤務時間」をもとに
計算していきます。
表にするとこんな感じです。

 

勤務時間帯人数時給勤務時間1日1ヵ月1年
6:00~9:00395038,550256,5003,078,000
9:00~13:003900410,800324,0003,888,000
13:00~17:003900410,800324,0003,888,000
17:00~22:003900513,500405,0004,860,000
22:00~6:0021,200716,800504,0006,048,000
合計1460,4501,813,50021,762,000
条件:絶対必要人数は2人・時給は時間帯ごとに均一
  夜勤は休憩1H含む・1ヵ月は30日計算

 

※夜勤帯だけは「絶対必要人数」のみで計算。
※時給と勤務時間の合計が「✕」なのは

 必要無いため。
※人数の合計で「店舗での絶対必要人数」が分かる。

 

この表で必要な人件費は1日だと「60,450円」
1ヵ月だと「1,813,500円」
1年では「21,762,000円」となります。

こうしてみると、すごい金額です。
ただこれは自分(社員)が1回もシフトインしない
計算です。
実際には自分もシフトインします。
上記の表から、自分がシフトインする時間を計算して
シフトイン分は、人件費からマイナスしていきます。

実際には会社から見れば、自分がシフトインしても
社会保険等があるので、人件費はかかりますが
今回は「店舗に掛かる人件費のみ」で考えてください。

 

勤務時間帯人数時給勤務時間1日1ヵ月1年
6:00~9:00395038,550256,5003,078,000
9:00~13:003900410,800324,0003,888,000
13:00~17:003900410,800324,0003,888,000
17:00~22:00290059,000252,0003,024,000
22:00~6:0021,200716,800504,0006,048,000
合計1455,9501,660,00019,920,000
条件:自分(社員)のシフトイン時間は1日5時間
  17:00~22:00とする・26日間勤務

 

自分がシフトインした状態だと、人件費は1日「55,950円」
1ヵ月で「1,660,000円」、1年だと「19,920,000円」に
なります。
これがおおよその「人件費予算」になります。

実際には1ヵ月で30日の月と、31日の月があります。
31日の月は、1日の人件費をプラスしていけばOKです。

2月には28日までの年と、うるう年(29日)があるので
カレンダーを見てマイナス計算します。
28日までなら2日分マイナス計算、29日までなら
1日分のマイナス計算です。

季節ごとのイベントで、店頭販売をするのであれば
それも計算に入れます。
これで1年間の人件費を「予算」として作れました。 

 

<人件費予算作成の流れ>
1.時間帯別に「人数×時給×勤務時間」で計算
2.人数×時給×勤務時間で「1日分」
3.1日分×30日で「1ヵ月分」
4.1ヶ月分×12ヶ月で「1年分」
5.カレンダーを見て増減させる

 

ここで1つポイントがあります。
表は条件に沿った単純計算で、数値を出していますが
実際には「もう1日分、シフトインしない計算」
の方が良いです。

理由は「トラブル対応は自分ですることになるから」です。
例えばFFや付属品のソース、中華まんなどの
入れ忘れがあった場合、自分(社員)が対応しますよね?
その場で持っていく時もあれば、後日返金のために
お客様の自宅まで行くこともあります。

そうなると自分は店舗に居ないので、代わりを立てるか、
前の時間帯スタッフさんに時間延長を交渉、
または後の時間帯スタッフさんに、早めに
出勤してもらわないといけません。

つまり自分では無く、スタッフさんがシフトインするので
人件費が計算よりも多くなります。

トラブル対応は気をつけていても、起こってしまう
ものなので
自分が「もう1日分、シフトインしない計算」の方が
より「実践的な人件費予算」になります。

 

POINT!・計算した人件費から自分が
 「もう1日分シフトインしない」ものが実践的
・トラブル対応は、どんなに気を付けても起こる

 

店舗人数の増やし方はこちら ↓
【休みたい?】なら店舗人数を増やすしかない!掲載型求人で早期採用を!

 

 
凛さん
おぉすごい!
人件費の作り方がわかっちゃいました!
これならなぜこの数値なのか
会社にも説明もできますし、
降りてきた人件費予算でも、何が根拠なのか抗議できそうです!

 

 
ボール
それは良かった!
自分で作れるようになると
どうしてこうなったのか分かるし、
調整できる幅も増えてコントロールも
できるようになるから、今よりは
店舗運営しやすくなるんじゃないかな。

 

 
凛さん
はい!ありがとうございます!
でも人件費高いですね💦
何とか抑えられないかなぁ・・・

 

 
ボール
そうだなぁ、抑えることはできるけど
やめた方が良いね。
抑えようとすると、結局は自分で
シフトインしないといけなく
なるからね。
人件費は少し高いくらいで
ちょうど良いよ。
それよりも売上を上げる方が楽だし
簡単だよ。

  

 

人件費を抑えるより売上を伸ばす

 

売上アップ

 

私の経験上、人件費は削減してはいけない費用になります。
人件費を削減すると、一時的に利益は増えるかも
しれませんが
結局自分でシフトインしないといけないからです。
そうはいっても何の対策もせずに、高い人件費を
維持し続けるのは難しいです。

対策として簡単なものは「売上を伸ばすこと」です。
SVが毎月持ってくる、P/Lのうえでは人件費は
「費用」です。
P/Lは「費用・収益・純利益(純損失)」で
構成されているので
費用が増えれば収益は減ります。

逆もまたしかりで、収益が増えれば費用は減ります。
つまり人件費(費用)が増えたとしても
売上(収益)が増えれば相殺できます。

B/S・P/Lについてはこちら ↓
【店舗運営の指針】BS・PLとは何?意味と違いは?→方向性を決めるもの

 

考えてみて欲しいのですが
人件費(費用)を1,000円削って、自分が
シフトインするのと
売上(収益)を1,000円伸ばすのは、どちらが
楽でしょうか?
多くの人は、売上を伸ばす方が楽だと答えるでしょう。

人件費を抑えて、自分がシフトインすることを考えるよりも
売上を伸ばして、利益を増やす方が断然楽で簡単です。

 

CHECK!・人件費(費用)は売上(収益)で相殺できる。
・人件費を抑えるよりも利益を伸ばす方が

 断然楽で簡単。

 

 

 
凛さん
人件費は売上で相殺するかぁ・・・
イメージは出来るんですけど、それって
いうほど簡単じゃないですよね?
実際には1,000円とかじゃなくて
もっと大きい金額ですよ?

 

 
ボール
はっきり言うけど、
自分がシフトインするより
売上を伸ばす方が簡単だね。
それが1,000円だろうと、
10,000円だろうと同じだよ。

 

 
凛さん
えぇ!?ホントですか?
うまく丸め込もうとしてません??
10,000円は結構大きいですよ?

 

 
ボール
ホントだよ。
丸め込むなんて人聞きの悪い💦
売上を伸ばすには「衝動買い」を
狙っていくんだ。
お店に来る約8割のお客さんは、
「ついで」に何か買っていってくれる。
「目的」のものだけを買うことの方が
圧倒的に少ないんだ。

 

 

売上を伸ばすには「衝動買い」を狙う

 

女性が買い物

 

お店に買い物に来るお客さんの、8割は「ついで」に
何か購入してくれます。
いわゆる「衝動買い」ですね。
残りの2割のお客さんは目的のものだけを購入する
「目的買い」になります。

 

論文
香川大学:衝動買いをする消費者の心理より出典

 

 

8割のお客さんは「ついで」に何か購入する。
売上を伸ばすなら、この「ついで」を上手く使って
伸ばしていきましょう。

単純に考えて2割の層を狙うのと、8割の層を狙うのでは
確率が全然変わってきます。

どの環境・立地条件にも共通することは、
「商品を目立たせる」ことです。
お客さんに見てもらえなければ、何をしても
売上を伸ばすことには繋がりません。
一般的に広く使われている
売上を伸ばす方法として、次のようなものがあります。

 

  • POPや通路販売で目を引く
  • レジカウンターにカードゲームや駄菓子を置く
  • ウォークイン多フェイス展開で商品を目立たせる

 

お店の環境や立地によって、方法は変わってきます。
例えばオフィス街のお店で、「カードゲーム」が
売れるかというと、なかなか厳しいでしょう。
それならば、ウォークインの多フェイス展開や
チルド飲料のPOPを作る方が、効果的です。

住宅街であれば、野菜の販売をしても良いでしょうし
白物4点(牛乳・タマゴ・豆腐・食パン)を
切らさないことが、売上アップに繋がったりもします。

自店の環境・立地条件等の「特性」を活かして、
「衝動買い」の確率を上げる方法をとっていきましょう。

 

POINT!・8割のお客さんは「衝動買い」
・どの環境、立地でも共通するのは

 「商品を目立たせる」こと
・自店の「特性」を活かした方法をとる

 

 

 
凛さん
なるほど、「衝動買い」を狙って
売上に繋げていくんですね。
ウチのお店の特性も確認しなきゃ!

 

 
ボール
お店の特性が分かっていないと
適切な方法がとれないからね。
「衝動買い」をうまく利用して、
売上アップに役立ててね。
ここで今までの内容を振り返って
みよう。

  

この記事で分かること

・社員が休みを取れない理由
→人件費が足りていません

・人件費の決め方
→絶対必要人数と時給を計算、そこにプラス1人計算

・人件費は高くても良い
→費用は収益で相殺する

・人件費を抑えるより売上を伸ばす
→売上を伸ばすには「衝動買い」を狙う

 

 
凛さん
人件費を増やして、予算も作ってみて
売上も伸ばす・・・
やることいっぱいだぁ~💦
でもどうすれば良いのか分からない時
よりも、やることが見えている今の方が
精神的には楽かもです。

 

 
ボール
それなら良かった!
やることは多いけど、これをやれば
楽になるって見えていれば、
精神的には良いのかもね。

 

 
凛さん
ですね!
よーし、大変だけどがんばるぞ~!

 

 
ボール
頑張るのは良いことだけど
無理はしすぎないようにね。
その為には人件費を削らず
売上を伸ばすようにしていこうね。
男女がホワイトボード持ってる
最新情報をチェックしよう!